ブログ

福はうち~縁を切らない恵方巻♪

早いもので年明けより一ヶ月が過ぎ今日は「節分」ですね(^^)

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日

太陰暦(月の暦)で言いますと、一年の始まりは現在の『節分』を境にはじまります。

旧暦では立春が年の始まりにあたることから、いつのころからか節分といえば立春の前日をさすようになったそうです。

昔の暦では、立春は年の始め、節分は大晦日と同じものでした

季節の変わり目でもあり、年の節目でもある節分は“鬼”や邪気が入り込みやすい日と考えられてきたそうです。

最近では、豆まきよりも大阪地方の習慣恵方巻きを食べることが一般的になりつつありますね。

今年の恵方は、「南南東」

その年に吉となる方角「恵方に」向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら

無言で太巻きをまるかじりすると切らずに長いまま食べることで

「縁を切らない」「願い事が叶う」とか言われています。

豆をまいて(魔滅 まめ=魔を滅する)福を巻き込む恵方巻き(*^_^*)

「鬼は~外、福は~内」

その方向に向かって事を行えば「万事に吉」とされています。

何もしないまま、一ヶ月も過ぎてしまった。

ネガティブな気分は引きずってはダメですよん

芽吹きの春に向けリセット☆

この節分から、年頭の志を改めて見つめ直してみたり

是非、新しいチャレンジをスタートなさってみてくださいませ。

— posted by admin at 09:19 am  

DHS-BANK